実験原理解説

【3分でわかる】FBSの非働化の方法と非働化を行う理由

・FBSの非働化をしたいけど方法がわからない…

・FBSの非働化って必要なの?なぜ行うの?

こんにちは。Hiro(@THiro70217938)です。

この記事ではFBSの「非働化の方法」と「非働化を行う理由」を簡単に解説します。

3分ほどで読めるのでぜひ読んでみて下さい。

FBSの非働化の方法

FBSの非働化は以下の通りに行います。

1. FBSを冷蔵庫で1晩 or 室温で数時間放置して解凍する

*室温で解凍させる場合は解凍後なるべく素早く次の作業にうつること

2. 水浴(恒温槽)を「56℃」に温める

3. 56℃になったのを確認し、解凍済みのFBSを30分温める

*しっかりFBS全体を水浴にひたすこと

4. 適当にtubeに分注し冷凍保存(-20℃)する

*私は25 mLずつ分注しています

研究室によって微妙に方法が変わりますが、上記の方法で作業を行えば特に問題はありません。

FBSの非働化を行う理由

非働化を行わずにFBSを使用すると、培養細胞、特に「免疫系の細胞に悪影響を与えてしまいます」。

FBSには「補体」という免疫機能に重要な成分がはいっており、これが細胞を傷害したり、免疫系の細胞を活性化させたりしてしまいます。

そこで補体を不活性化させるために非働化を行うのです。

補体について知りたいひと(Wikipedia)

注意点(非働化を行う必要があるのか)

一般的にはFBSの非働化が行われていますが、行う必要がないという意見も多く見られます。

非働化の有無によって培養細胞の状態は大きく変わる」ので、自分の研究内容に合わせて非働化を行うか判断してください。

細胞培養初心者向けの記事

細胞培養の基礎知識全般を抑えたい人は「【細胞培養初心者向け】細胞培養の基礎知識を解説!」をご覧ください。

【細胞培養初心者向け】細胞培養の基礎知識を解説!こんにちは。Hiro(@THiro70217938)といいます。 細胞培養歴9年で大学で助教をしています。 この記事では、細...